Home

鈍い男

  • 2017.05.24 Wednesday
  • -
最近「鈍感力」という言葉が巷を賑わせていますが、今日聞いたラジオ番組でも、テーマにして放送していました。

「あなたは鈍感ですか?それとも敏感ですか?」

寄せられた意見の多くは「鈍感になりたい。」「普段敏感なので、たまにはゆっくり過ごすしたいから鈍感になりたい」などなど…。

多くの方が「鈍感」思考な意見をよせています。

.

なるほど。

せわしないこの時代、たまには感覚を緩めてぼんやりと過ごしてみたいという気持ちがあるのでしょう。

でも「鈍感」と「のんびり」って、意味合いが根本的に違いませんか?
  • -
  • -

プレステストアに関するツイートまとめ

  • 2017.02.21 Tuesday
  • -
しかし映画をプレステストアで買ってそのまま観れるのめちゃ楽だな!

今日話には聞いてたけどPS4マジでプレステストアの操作さっくさくや。3で十字キー押すだけで処理落ちしてたのが嘘のようでストアガチャガチャやってるだけで楽しい

そして律儀に0円だけどPSストアから購入明細届くっていう

Amazonだと届くのが来週になりそうだったのでPSストアでダウンロード版を買った。

PSストア覗いてるけど、結構フェアやっててちょっと誘惑されそう

プレステストア全てタダで買える方法とは
  • -
  • -

おかえりなさい

  • 2016.10.12 Wednesday
  • -
雨の中 歩きながら思う。
風呂、入りてぇ・・・。
母の顔がふと浮かぶ。
こんな時、家族というのは ありがたいものだ。
電車に乗ったら、早速メール。
「お風呂を沸かしてくださいな」

最寄駅を出ると、雨はますます 激しくなっていた。
足早に家へと向かう。
しかし 帰宅してみたが、誰もいない。
こんなはずでは! と、携帯を 確認すると
いつの間に来ていたのか、母からの返信メールがあった。
「ライフ(大型スーパー)より 急いで帰ります!」
・・・なんか楽しそうじゃん・・・
もう帰宅しちゃったし、急いで帰ってこなくてもいいよ
そんなメールを送信したあと
自分でお風呂を沸かし、入浴すること はや20分。
ほんとに なかなか帰ってこない。
風呂からあがる頃、やっと帰ってきた。
申し訳なさそうな 演技をしつつ
「お、おかえり〜。お早いお帰りで・・・」
と のたまう母。
「おかえりなさいませ。お早いお帰りで」
言い返してやった。
てもみを しながら
「お、お刺身がございますので・・・」
と、母。
いやな気はしない。
わたしは いそいそと風呂からあがった。
  • -
  • -

カールルイスに勝つ方法

  • 2016.07.14 Thursday
  • -
普通のことしかできない人が評価を得ようと思ったら、
もうそれはスピードしかありません。

当たり前のことでも、
尋常でないスピードでこなせば評価される。
当たり前のことですが、案外気がついていない人が多い。

スピードをあげようと思うと…

王道は能力のアップなんですが、
相手より先にスタートするという手もあります。

100メートル走でカールルイスに勝とうと思ったら、
彼より早くスタートを切るしかありません。

もちろん100メートル走でそれをするのは反則ですが、
仕事では反則になりません。

(1)仕事が発生することを予測して先に行っておく
(2)準備が整うまで仕事を引き受けない
(3)既に完了していることを仕事に結びつける

(1)〜(3)をするのに必要な能力、
することで背負ってしまうリスクは当然あるのですが、
それはまた別の話です。
  • -
  • -

所詮、恋愛なんてのは

  • 2016.05.02 Monday
  • -
全く同じ指紋の人がいないように恋愛だって人それぞれ。
コレと言うカタチの恋愛形なんてありえない気がする。
育った環境も友達も思考も人それぞれで一くくりに言えるわけがない。
同じように行動しても上手くいく人とそうでない人がいるのは
当たり前の事なのだ。それが上手く行かないから自分がダメなんじゃなくて
ただ単にその相手と「合わない」という現実を認識させられたという事なの
ではないのだろうか?
振られたという行為は自分の人格を否定されたような気持ちになるんだけど
そういうわけではないと思う。
相手がちゃんとした思いやりのある人なら振ってくれて良かったのだ。
だって合わない人と一緒にいれば絶対に無理が生じてきっと別の悩みがまた
出てくるんだもの。
彼が○○してくれない、彼が○○と言った、私はどうしたらいいのか?と
悩める子羊になるかもしれない。

自分としっくり合う相手と出会っていたら自分自身が無理をするなんていう
ことはなくなるはず。

恋愛はみんな形が違うんだ。
正しいカタチとか間違ったカタチとかがあるわけじゃなくて
それぞれがそれぞれに幸せを感じる事が出来るのならそれでいいと私は思う。
恋愛はみんなヒトリヨガリなもので、答えなんて誰にも出せない。
責任も結果も全ては自分のものなのだから。
どんな結末が来るとしても自分に覚悟あれば怖い事なんて何にもないし
目を開けていられるはず。
自分の弱さを何かのせいにして恋愛がダメになった言い訳にしちゃいけない。
どんな答えも全て自分が導き出しているんだもの。
誰のせいでもない、自己責任のものだからこそ自分を見失わずに
そして自分らしく恋愛しなくちゃって。
そうしていたらきっと幸せのカタチも手に入れることが出来るんじゃないか
と私は思うのだ。
私もまだまだ手に入れるために努力中だけど!

結婚相談所ならツヴァイ(ツバイ)
http://xn--eck3crb.com/

披露宴会場に併設されたチャペルにて、僕達は結婚式を挙げました。

結婚式の前に行うリハーサルは、とても簡単なものでした。
でも大丈夫です。何とかなるものです。

練習が終わるとすぐに本番を迎えました。
指輪の交換もバッチリきまり、いよいよ問題の誓いのキスをするところになりました。
男はこのシーンだけはバッチリ決めるように。
恥ずかしがると余計に寒いです。

式が終わると、友人や親戚、会社の同僚などから写真撮影の嵐でした。
幸せそうな顔というのがこれがなかなか難しいものです。
とりあえずヘラヘラ笑っておけば大丈夫でしょう。

披露宴の入場曲は無難にエグザイルにしました。
結構センスが疑われるので変な曲はやめときましょう。

友人のスピーチや余興は意外にもグッと来ます。
油断していると思わず泣いてしまいます。

悔やまれるのは、料理にほとんど手がつけられなかったこと。。。
食べたいものは早めに食べておくようにした方がいいと思います。

写真もプロにお願いしておいたほうが良いと思います。
僕は友人のカメラ好きな方にお願いしたんですが、1枚も写ってない人がいました。
しかも、ほとんど料理が食べれなかったと文句を言われました。

二次会はホテルのバーで行いました。
二次会は幹事をやってくれた友人にすべてまかせていたので楽でした。
二次会はイベントはクイズ大会だけでほとんど飲み会みたいな感じでした。

ちなみに僕はこの時かなり酔っ払ってました。
新郎はいろんな人にお酒を注がれますが、全部飲まないように。
酔っ払った新郎はかなり見苦しいです。

なんとか無事に一通りを終えた僕らはかなりの疲労と達成感で、スウィートルームに泊まったにも関わらず、気がつけば泥のようにぐっすり寝ていました。
  • -
  • -

やめられない、止まらない!

  • 2016.03.30 Wednesday
  • -
今日は面接でした。
緊張はあまりしなかったんですが、喋る内容が事前に用意しておいた展開とは、まったく違った方向に。話の着地点が見つからない感じで終わりました。今回は大阪での試験だったんですが、次回からは東京での試験。この一ヶ月は忙しいので、ぶっちゃけ落ちててもいいです。お金も時間もかかることだし…。
  • -
  • -

光ファイバー勧誘の電話

  • 2016.01.02 Saturday
  • -
「光ファイバーを導入しませんか?」
こんな勧誘電話がかかってきた。
どうやら最初父親が受けたらしいんだけど、あんまり分からないので僕に検討しろ、そして、「後日また電話かかってくるから、その時の対応をよろしく。」と丸投げされた。

後日、電話がかかってきた。
電話を取ったのは父親。
途中で僕が代わった。

最初は女性の営業さんだった。
色々説明をしてくれる。
ただ向こうの説明とこっちの状況の食い違いを指摘したところ、「お待ちください。」と言われ、男性の方が登場。
「システムの○○です。」
そう名乗って、色々再度説明を付け加えてくれるんだけど、大した情報量もなし。
  • -
  • -

しょうが焼き定食

  • 2015.12.20 Sunday
  • -
初めてしょうが焼き定食(480円)を食べた。
昼は400円を上限としているが、最近は晩飯を作る時間がなく、出来合いのおかず一品を買っているので、
晩の分を昼に持ってきた形だ。

私が成功したときの逸話として、昼はずっと400円以下でがんばったというのも捨てがたかったが、さすがに豚(カレー)丼に飽きてしまったから、仕方がない。

そこで、しょうが焼き定食を食べたが、これが結構いける。肉の量も多く、味は濃いが、ご飯と食べると悪くはない。
味噌汁はインスタントの風味だが、費用対効果で考えれば、いいほうだと思う。

しかし、バイトの効率よい動かし方と最少人数での料理提供が、吉野家の低価格の支えだったのが、ひどく揺らいでいるように感じた。

メニュー数の増加、一品あたりの調理時間の増加、この2点で店員さんは混乱していた。
1人で仕事を行えるから、カウンターの幅は1人分と聞いたことがあるが、今日はカウンターで店員2人が動いていた。すれ違うのも結構きつそうだった。

牛丼だけで勝負⇒分担で各店員の仕事量は少なくできる⇒カウンターは1人の配置でこなせる

この流れの根本が崩れたとき、いろいろな弊害が出てくる。
吉野家の作った、勝利の方程式は、前提条件が崩された形だ。

ただ、次もしょうが焼き定食を食べたいと思った。
  • -
  • -

渋谷という場所

  • 2015.12.12 Saturday
  • -
駅前には、人、人、人。しかも、よくわからないファッションをしている人が大多数という不思議な場所。
自分をアピールするステージのような場所。
なぜかパトカーが止まっている場所。外国人がなぜか集まっている場所。
そんな渋谷が気になる。

はっきり言って、私は渋谷が苦手だ。息が詰まる。
でも、あそこにいる人たちがなんのためにそこにいるのか、特に夜の終電間際にいる人たちが。
楽しいのだろうか?

あの町をもっと調べてみたい。
渋谷に関して思うことがある人、意見をください。
  • -
  • -

やめるタイミング

  • 2015.10.05 Monday
  • -
FF XIVをやめる時期が刻々と近づいてきています。
だから、色々と整理する意味を含めて、今思ってることを辞めるまで少しずつ書いていこうと思います。

9月にそう決めてから、もう一ヶ月たつ事になります。
やめる理由は深くは書くつもりはありませんが、簡単に言うなら、自分の問題。

もともと、器用な性格ではないのであれをやってこれをやって、それでXIVもやっていって・・・なんてことは無理なんですよね。

それに現実でうまくいかないようなことがあった日にいったところで楽しくなるわけでもないわけです。
かえって、そんな気持ちでやっていると小さいことが気になったりして、イライラしながらプレーしてしまうことだってあります。
それで、ログアウトして考えてみると、”何やってるんだろう”とか思うわけです。
まさに、負のサイクル。
楽しむためにゲームやってるわけだから、意味ないですよね。こんなことでは^^;

でも、いざ辞めるとなるとそうもいかないんですよね・・・・

少し時間をおいて、やりたくなったらやるスタイルでいこうと思います。

今日、任天堂カードをゲットしたので気分転換に他のゲームをしたいと思います。
  • -
  • -

1/2 >>

Home

Search
Feeds

Page Top