Home > 所詮、恋愛なんてのは

所詮、恋愛なんてのは

  • 2016.05.02 Monday
  • -
全く同じ指紋の人がいないように恋愛だって人それぞれ。
コレと言うカタチの恋愛形なんてありえない気がする。
育った環境も友達も思考も人それぞれで一くくりに言えるわけがない。
同じように行動しても上手くいく人とそうでない人がいるのは
当たり前の事なのだ。それが上手く行かないから自分がダメなんじゃなくて
ただ単にその相手と「合わない」という現実を認識させられたという事なの
ではないのだろうか?
振られたという行為は自分の人格を否定されたような気持ちになるんだけど
そういうわけではないと思う。
相手がちゃんとした思いやりのある人なら振ってくれて良かったのだ。
だって合わない人と一緒にいれば絶対に無理が生じてきっと別の悩みがまた
出てくるんだもの。
彼が○○してくれない、彼が○○と言った、私はどうしたらいいのか?と
悩める子羊になるかもしれない。

自分としっくり合う相手と出会っていたら自分自身が無理をするなんていう
ことはなくなるはず。

恋愛はみんな形が違うんだ。
正しいカタチとか間違ったカタチとかがあるわけじゃなくて
それぞれがそれぞれに幸せを感じる事が出来るのならそれでいいと私は思う。
恋愛はみんなヒトリヨガリなもので、答えなんて誰にも出せない。
責任も結果も全ては自分のものなのだから。
どんな結末が来るとしても自分に覚悟あれば怖い事なんて何にもないし
目を開けていられるはず。
自分の弱さを何かのせいにして恋愛がダメになった言い訳にしちゃいけない。
どんな答えも全て自分が導き出しているんだもの。
誰のせいでもない、自己責任のものだからこそ自分を見失わずに
そして自分らしく恋愛しなくちゃって。
そうしていたらきっと幸せのカタチも手に入れることが出来るんじゃないか
と私は思うのだ。
私もまだまだ手に入れるために努力中だけど!

結婚相談所ならツヴァイ(ツバイ)
http://xn--eck3crb.com/

披露宴会場に併設されたチャペルにて、僕達は結婚式を挙げました。

結婚式の前に行うリハーサルは、とても簡単なものでした。
でも大丈夫です。何とかなるものです。

練習が終わるとすぐに本番を迎えました。
指輪の交換もバッチリきまり、いよいよ問題の誓いのキスをするところになりました。
男はこのシーンだけはバッチリ決めるように。
恥ずかしがると余計に寒いです。

式が終わると、友人や親戚、会社の同僚などから写真撮影の嵐でした。
幸せそうな顔というのがこれがなかなか難しいものです。
とりあえずヘラヘラ笑っておけば大丈夫でしょう。

披露宴の入場曲は無難にエグザイルにしました。
結構センスが疑われるので変な曲はやめときましょう。

友人のスピーチや余興は意外にもグッと来ます。
油断していると思わず泣いてしまいます。

悔やまれるのは、料理にほとんど手がつけられなかったこと。。。
食べたいものは早めに食べておくようにした方がいいと思います。

写真もプロにお願いしておいたほうが良いと思います。
僕は友人のカメラ好きな方にお願いしたんですが、1枚も写ってない人がいました。
しかも、ほとんど料理が食べれなかったと文句を言われました。

二次会はホテルのバーで行いました。
二次会は幹事をやってくれた友人にすべてまかせていたので楽でした。
二次会はイベントはクイズ大会だけでほとんど飲み会みたいな感じでした。

ちなみに僕はこの時かなり酔っ払ってました。
新郎はいろんな人にお酒を注がれますが、全部飲まないように。
酔っ払った新郎はかなり見苦しいです。

なんとか無事に一通りを終えた僕らはかなりの疲労と達成感で、スウィートルームに泊まったにも関わらず、気がつけば泥のようにぐっすり寝ていました。

Home > 所詮、恋愛なんてのは

Search
Feeds

Page Top