Home

やっぱり買い物紀行

  • 2014.11.12 Wednesday
  • -
深夜勤務が終わり仕事納め、風のきつい中をえっちらおっちらと帰る。

 でも今日は色々と寄り道がある。給料を受け取り、色々と買い物をする為だ。

 とにかく眠い。体も相当疲れている。でも、こればっかりはやっておかなければならないので、かなりの強行軍を敢行した。

 給料を受け取った後、スーパーを点々としながら年末年始にかけての必要なものを買い揃える。といっても全部は揃えられない。ちょびちょび買い足していくんだ。鏡餅や簡単なお節料理も買っておきたい。

 幾ら俺が季節行事をしないといっても、ここまで年の瀬の実感がないと、逆に何かしなければならない焦燥感に囚われてしまう。

 何て言うか、今年は本当に過ぎるのが早かった。色々と用意をしていると、去年の年賀状を書いたのがほんのつい最近のような気がしてならない。

 買い物の大半は休みを過ごす為の食い物に集中する。外に出なくても良いように、この数日で冷蔵庫をいっぱいにしておくつもりだ。

 ちょうど良かったのでアイスクリームも冷凍庫の中に溢れさせた。これでしばらくはアイス三昧が出来る。普段は控えているコーラも1.5リットルのペットボトルを箱で買った。

 こりゃ、太るなあ・・・。

 一度、インスタントのカップそばで年越し、というのをやってみたかったが、どうやら親父は何時ものように煮染めやら何やらと一緒に年越しそばの用意もするようだ。うーん、残念。

 なんかこう、泣けて来るようなチープで情けない正月というのを迎えてみたい。

 何でか俺は、優雅に過ごすより貧しく厳しく侘しく過ごすことに憧れてしまうんだよな。何でなんだろう。貧乏性も究めたってことか?(違う)

 歯ブラシも新調したが、今や電動歯ブラシが990円か。ちょっと欲しくなった。今回は買わなかったが、次は考えてみるか。髭剃りも新しいものをストック。本当は刃が交換出来るのがいいんだろうけど、俺にはなんかイマイチ使いにくいんだよね。

 買い物はこれだけでなく、休み中もずっと続くだろう。必要なものは書き出して、ケータイに入れてあるので、出先で買ったものをチェックしているが、それでもまだまだ残っているものは多い。

 鏡餅も安いもので済ませてしまった。仏壇には親父が買ってにデカいのを買ってくるし、俺はお袋と(本当ならいたはずの)妹の為に俺の部屋に簡単に飾るだけだ。

 これだけ買い物をしているにも関わらず、夜には飯がないという本末転倒な有り様だったので、ほっともっとで“豚のてりやき丼”を買った。うん、なかなか美味かった。店の違いかもしれないけど、ほっともっとは本当に“弁当を作っている”という感じがして意外といいかな? ちょっとファーストフードっぽい感じもするけどね。弁当代を稼ぐ方法
  • -
  • -

1/1

Home

Search
Feeds

Page Top