Home

所詮、恋愛なんてのは

  • 2016.05.02 Monday
  • -
全く同じ指紋の人がいないように恋愛だって人それぞれ。
コレと言うカタチの恋愛形なんてありえない気がする。
育った環境も友達も思考も人それぞれで一くくりに言えるわけがない。
同じように行動しても上手くいく人とそうでない人がいるのは
当たり前の事なのだ。それが上手く行かないから自分がダメなんじゃなくて
ただ単にその相手と「合わない」という現実を認識させられたという事なの
ではないのだろうか?
振られたという行為は自分の人格を否定されたような気持ちになるんだけど
そういうわけではないと思う。
相手がちゃんとした思いやりのある人なら振ってくれて良かったのだ。
だって合わない人と一緒にいれば絶対に無理が生じてきっと別の悩みがまた
出てくるんだもの。
彼が○○してくれない、彼が○○と言った、私はどうしたらいいのか?と
悩める子羊になるかもしれない。

自分としっくり合う相手と出会っていたら自分自身が無理をするなんていう
ことはなくなるはず。

恋愛はみんな形が違うんだ。
正しいカタチとか間違ったカタチとかがあるわけじゃなくて
それぞれがそれぞれに幸せを感じる事が出来るのならそれでいいと私は思う。
恋愛はみんなヒトリヨガリなもので、答えなんて誰にも出せない。
責任も結果も全ては自分のものなのだから。
どんな結末が来るとしても自分に覚悟あれば怖い事なんて何にもないし
目を開けていられるはず。
自分の弱さを何かのせいにして恋愛がダメになった言い訳にしちゃいけない。
どんな答えも全て自分が導き出しているんだもの。
誰のせいでもない、自己責任のものだからこそ自分を見失わずに
そして自分らしく恋愛しなくちゃって。
そうしていたらきっと幸せのカタチも手に入れることが出来るんじゃないか
と私は思うのだ。
私もまだまだ手に入れるために努力中だけど!

結婚相談所ならツヴァイ(ツバイ)
http://xn--eck3crb.com/
  • -
  • -

1/1

Home

Search
Feeds

Page Top